アジアの片隅のちっぽけな街、仙台から発信するトニーモンタナの魂の雄叫び。いつか夜の雨が降り出した淋しき街で、言葉に託した熱くたえなるロックンロールを届けます。横道に逸れる者を嘲笑うじゃなく明日、今日よりも少し前に進めれば・・・。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台市の市議会議員達が議会へ行く時の費用弁償(交通費)は今まで1万円だったらしい。来年の4月1日から半減し五千円にする、とホスト風の議長が言っていた。
しかし議長・副議長の公用車使用は継続で交通費は支給するとの事。自分の特権は守ったんだな。

職場に通うに交通費で日に一万円貰うなら家にいてテレビ会議でもやってろって!
議会に行くなら、初乗り200円の赤字の地下鉄に乗って行けっての!バスもあるぜ。

歩いて行く議員は丸ごと懐に入れてたんだな?途中、ホームレスの人を見かけて何も感じなかったのかい?
そんな奴らに血の通った政治ができるはずはない。

費用弁償の見直しは全国的に加速している。全国18の政令市議会でも廃止や減額が相次ぎ、札幌、横浜、大阪など8市が全廃し、川崎、静岡両市は交通費の実費のみに改めている。

遅れすぎの仙台市。

大阪府知事や名古屋市長、阿久根市長みたいな本気で闘う政治家が仙台に欲しいぜ!

胸くそ悪いNEWSを聞いてしまったぜ!頑張ってくれ、仙台市民オンブズマン!
http://www.city.sendai.jp/kansa/kansa/kekka7_j2102.html仙台市はオンブズマンの住民監査請求を一度棄却したみたいだな。

では。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日本を正常な国に戻したい - ジャンル:政治・経済

【2009/12/19 08:52】 | 政治
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。