アジアの片隅のちっぽけな街、仙台から発信するトニーモンタナの魂の雄叫び。いつか夜の雨が降り出した淋しき街で、言葉に託した熱くたえなるロックンロールを届けます。横道に逸れる者を嘲笑うじゃなく明日、今日よりも少し前に進めれば・・・。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年、仙台市内でロケが行われ少し参加した映画「苦い蜜」の試写会が一番町に新しく出来たライブハウス「darwin」で行われた。
舞台挨拶では主演の金子昇や元タイガースの森本タローや不良牧師のアーサー・ホーランドや女優の渋谷琴乃、監督の亀田幸則が登場した。挨拶後、彼らも一緒に映画を見る為、場内に残る。

参加するに当たりいろいろ調べたりしたが、情報が殆どなくどんなストーリーだろうかと、とても気になっていた。
撮影の殆どが泉にあるワインスタジオで行われたらしい。
それもそうだ。舞台劇を映画化したというこの映画は、外での映像は殆どなく密室のライブハウスの中での会話が大部分だ。それだけに役者の演技力が重要で台詞回しも長い。

ストーリーとしては、世界に200枚しか残っていないビートルズの4人が白衣を着た表紙のレコードのうち、1枚があるビートルズバーから盗まれる。1年後、14人の関係者がバーに集まり、金子さん演じる探偵が謎を解き明かしていく密室ミステリーである。

開始早々、参加した場面が登場し驚いたが見ている内に話に引き込まれていくのがわかる。
見ながら、頭の中を整理しないと付いていけなくなる場面も少々。こういうタイプの映画は初めての経験で、舞台劇を見ている錯覚に陥るような気もした。役者さんは皆、個性ある登場人物をうまく演じ飽きを来させなかった。

その中で異彩を放ったのが、マスターの友人役のアーサー・ホーランドだ。革ジャンにタトゥー、バイクに跨り伝導する牧師さんらしい。
不良牧師!「アーサー・ホーランド」という生き方 (文春文庫)不良牧師!「アーサー・ホーランド」という生き方 (文春文庫)
(2002/08)
アーサー ホーランド

商品詳細を見る


豹柄シャツで現れた彼は9,000円で買った革ジャンを25万円かけてデコレイトしたとの事。いやはや何とカックイイ牧師さんだ。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:☆試写会☆ - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。