アジアの片隅のちっぽけな街、仙台から発信するトニーモンタナの魂の雄叫び。いつか夜の雨が降り出した淋しき街で、言葉に託した熱くたえなるロックンロールを届けます。横道に逸れる者を嘲笑うじゃなく明日、今日よりも少し前に進めれば・・・。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かれこれ14年程乗った愛車も明日でお別れだ。目立った傷やヘコミもなくエンジンも調子が良くまだまだ乗れそうだと思っていた。
事故も1回もなく思い出がたっぷり詰まった愛車。いい事も嬉しいこ事も悔しい事も一人泣いた夜もいつも貴方が一緒だった。思い出が走馬灯のように駆け巡るって本当なんだ。

買い替えのきっかけはもちろん13年超えの買い替えの補助金制度だ。あれがなかったら当然買い替えはなかったろうに。

車の年齢を人間に例えると14年は何歳なんだろう。平均寿命は5年から七年くらいだろうか。すると
こいつは100歳を超えているのだろうか!

20年乗ってやろうと思っていたが、ブレてしまった。25万円の為に手放してしまうことに後悔はゼロでもないが、いつかはこの時がくるものだと思い心を決した。

晩年は扱いも雑になり、あまりかまってやれなかった事が残念だ。飯(ガソリン)もあまり食べさせず
(満タンにしなく)風呂(洗車)にも入れてあげなかった。それでも貴方は黙々と動いてくれた。

何はともあれ、お疲れ様。そしてありがとう。君の事は絶対忘れない。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。