アジアの片隅のちっぽけな街、仙台から発信するトニーモンタナの魂の雄叫び。いつか夜の雨が降り出した淋しき街で、言葉に託した熱くたえなるロックンロールを届けます。横道に逸れる者を嘲笑うじゃなく明日、今日よりも少し前に進めれば・・・。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は一人早起きし、まず目の前の山下公園を散歩だ。
かなり肌寒いが、景色が素晴らしい。目の前が海でベイブリッジや氷川丸が見える。結構広いのでぐるっと1周して部屋に戻る。
朝食後チェックアウトし向かったのは港の見える丘公園だ。歩くと山下公園から続いているようで境界がわからないが大通りりが隔てているのだろう。そこから下ると山手地区~外人墓地だ。ここいらの街並みは絶対仙台では味わえない雰囲気である。
しかしその通りも飽きがきて元町通りへ降りる。
さて、これからどうしよう?帰りの時間まで7時間位ある。横浜も後は見るべき場所はなさそうだ。
そこで閃いたのが横須賀だ。ヨコスカといえば山口百恵や小泉純一郎ではなくスカジャンだ。
まっちょこに「横須賀に行きたい」と打診してみるとすんなりOKだった。
向かう前にちょっと一服ということで入ったのがユニオンというスーパーの2階にある喫茶店だ。
品の良いご夫婦が店をやっていて、丁寧に行き方を教えてくれた。

京急に乗りヨコスカに着いたのは昼前だ。正確には汐入駅であるが。
駅を出ると水兵さんや黒人がやたら目立つ。淋しい駅前だがさすが基地の街だ。
黒人にナメられないようにガンを飛ばしながら歩く。駅から右手に向かうと有名なドブ板通りに出た。そこを少し歩き見つけたのがスカジャン専門店「プリンス商会」だ。
狭い店に所狭しとスカジャンが吊るされ、倒れそうな位積んである。どれを見てもカッコイイ。背中の刺繍や色彩に圧倒されながら見ていると中から年配のおばさんがでてくる。

いかついアンチャンがいるのかと思いきや落ち着いた風情のおばさんだ。
迷う暇なく買うことを決めサイズや色、デザインを指定する。自分だけのオリジナルだから出来上がりに1ケ月かかる。
送料無料で送ってくれるとのこと。到着が楽しみだ。しかし仙台で俺みたいなオンチャンがこんな派手なジャンパーを着て歩いたら浮くだろうな、、、、。等と思いを馳せてみる。
IMGP3058.jpg


また少しうろつき名物「海軍カレー」を食し、その後海沿いのヴェルニー公園へ向かう。対岸には潜水艦が浮かんでいて何ともヨコスカらしい。その頃は天気が快晴となりかなり熱く感じた。

まだお昼少し過ぎだ。東京駅に戻るには早すぎる。どうしようと迷うことなく、いざ鎌倉だ。
15分位で着き、有名な小町通りを歩き鶴岡八幡宮へ向かうが暑くて体力が奪われてしまし長い階段を登っての参拝は諦めることにする。

鎌倉は半月やしらす干しなど有名な名物もあるが、なんかありきたりの観光地という気がする。
人が多いのもいただけない。

さて、東京駅に戻ることにるか。電車を乗り継ぎ1時間弱で東京駅に着いた。少し時間があったので東京駅ガード下のイタリアンで軽く一ハイボールを飲み、悲しみ新幹線で仙台へ戻る。

あっという間の2日間の神奈川への旅。2日目は弾丸ツアーになったが心に残るシーンは少なかったように思える。ピカピカの赤レンガや中華街、みなとみらい。賑やかな鎌倉の参道、、、。なんかしっくり来ないものだ。印象的なのはさびれた横須賀のドブ板通りとおばさんがやっているスカジャンショップだった。
今月末のスカジャンの到着が待ち遠しい。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:旅行、旅、ドライブ - ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。