アジアの片隅のちっぽけな街、仙台から発信するトニーモンタナの魂の雄叫び。いつか夜の雨が降り出した淋しき街で、言葉に託した熱くたえなるロックンロールを届けます。横道に逸れる者を嘲笑うじゃなく明日、今日よりも少し前に進めれば・・・。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤和彦(62)が自殺した。鬱病が原因だったと聞いた。
30年以上、隠れファンでいたが亡くなって「隠れファン」でいたことが悔やまれる。
思春期に、拓郎、キャロル、泉谷、、、、と同時多発的に好きなミュージシャンが出来、その中に加藤和彦率いる、サディスティック・ミカ・バンドがいた。
フォークルの時から想像も付かない変身で度肝を抜いたが、音楽性は卓越していた。
ミカバンドが一段落した頃のアルバム「それから先のことは」は大好きで、中でもシンガプーラが気に入っていた。
人生を忘れそう、このアジアの片隅で シンガプーラ~ シンガプーラ~の歌詞が頭にこびりつき、いつかはシンポールに行ってみたいと思わせてくれたのがこの曲だった。
その歌詞の一節が、いみじくも俺の拙ブログのタイトルにもなっているのは偶然だろうか。

あの穏やかな笑顔と、優しい歌声にもう会えないと思うととてつもなく寂しく悲しい。
心より、ご冥福をお祈り致します。

また一人、好きなミュージシャンがいなくなってしまった。
page1_img1.jpg
トノバンもレス・ポールJr.TVイエローを持っていたんだ!歳をとってもお洒落でカッコイイ人だったなぁ。

それから先のことは(紙ジャケット仕様)それから先のことは(紙ジャケット仕様)
(2007/11/02)
加藤和彦

商品詳細を見る


ベル・エキセントリック / 加藤和彦



パパ・ヘミングウェイ / 加藤和彦

加藤和彦
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:最新音楽ニュース - ジャンル:音楽

前回は8月に訪れたのだが、なかなか行く機会に恵まれずやっと今夜再訪した「なるこや」。
器から味付けまで研ぎ澄まされた感性で提供してしてくれる料理の数々。どれをとってもオリジナリティに溢れ、次の品が楽しみになる。素材も酒好きを満足させてくれる物ばかり。この店ははまさしく大人の店である。静かに料理と酒を楽しむ為にあるような店だ。
20091017180511.jpg

洒落た店造りたBGMのオールディーズもトニー・モンタナを満足させてくれる。

所謂、誰にも教えたくないとっておきの店というやつか。

FC2blog テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

【2009/10/17 20:43】 | グルメ
|
アサヒ芸能に連載だった「俺たちのノンフィクション 吉田拓郎 青春の詩が聴こえる」が発売が「吉田拓郎 疾風伝 熱狂の40年」と名を変え発売されるらしい。
オイオイ、拓郎祭りだなぁ。
これも予約せねば。
吉田拓郎 疾風伝 熱狂の40年吉田拓郎 疾風伝 熱狂の40年
(2009/11/20)
石田伸也

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:オススメ本!! - ジャンル:本・雑誌

幻のCDがついに再発されるようだ。
オークションでは5万円位に値がついていたような。
しかし問題曲「ペニーレーンでバーボン」はカットされたようだ。
こちらも予約せねば。
コンプリート拓郎ツアー 1979 / 吉田拓郎

吉田拓郎

FC2blog テーマ:最新音楽ニュース - ジャンル:音楽

ついにタイトルが決まったようだ。
本日、予約も完了だ。DVDも出ればいいのだが。
18時開演~TAKURO YOSHIDA LIVE at TOKYO INTERNATIONAL FORUM~(DVD付)18時開演~TAKURO YOSHIDA LIVE at TOKYO INTERNATIONAL FORUM~(DVD付)
(2009/11/11)
吉田拓郎

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:最新音楽ニュース - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。