アジアの片隅のちっぽけな街、仙台から発信するトニーモンタナの魂の雄叫び。いつか夜の雨が降り出した淋しき街で、言葉に託した熱くたえなるロックンロールを届けます。横道に逸れる者を嘲笑うじゃなく明日、今日よりも少し前に進めれば・・・。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日、大腸カメラ検診を予約した。そろそろ診てもらいわないとヤバい気がする。虫の知らせというやつか。何事もなければいいが。去年までの暴飲暴食のツケがまわって来る頃だ。
何となく不安だ。
しかしトニーモンタナを名乗っている以上ビビってはいられない。
スポンサーサイト

同じ症状で同じ薬をもらった場合、個人病院と総合病院ではだいぶ診察料と薬代で差があるようだ。
総合病院の方が格段に安い。院外・院内処方でも差があるようだ。いずれにしても個人病院は高い気がする。大手スーパーと個人商店みたいなものだろうか。
てっきり病院は診療報酬点数により全国一律だと思っていたが実際はそうではないようだ。
気のせいか、個人病院は薬を出したがるな、とは思っていたが、、、。
ドラッグストアで買う市販の薬は成分が弱い分気休めかもしれない。ドラッグストアに行くより病院の方が効くし、胃薬などは安上がりの時も多々ある。

そういえば一切料金を明示せず商売しているのは病院か料亭位なものだろうか。いい値で請求され文句一つ言えずにシブシブ払わなくてはいけない。まあ、症状によりお金に代え難い時もたまにあるが。
しかし、ある経験を踏まえ個人病院へは極力行くのを控えようと決心した。

過疎地域では医者が寄り付かず病院・医院が全然ない町がある。しかしその一方で大都市でがコンビニ以上に病院が連なっている。
今の住まいなんかは500m以内には総合病院3軒、個人病院は10軒以上はあるだろう。ちょっと歩けば病院に出くわす。

ニュースによれば、お隣岩手県の宮古総合病院は内科医が神奈川から通っているそうだ。岩手に内科医はいないのか?!不在の時はどうしているのだろう。緊急を要する時は3時間かけ盛岡へ救急車を飛ばすらしい。冬は、アイスバーンの峠道を行くというのだ。

一方、都市部においても、病院は多数あっても急患がたらい回しにされるのはよく聞く話だ。

うがった見方かもしれないが、全部とは言わず開業医の姿勢、資質に問題があるような気がする。
夜間は診ない、職住別、居留守を使う等など。昼間は週休2日で昼休み2時間、まったりした雰囲気、大都市に集中し(特に綺麗なビルが多い!)田舎には行きたがらない、最近は往診もしない。どんどんイージーになって来ているのではないだろうか。
待合室をホテルのロビー並みにしている医院も多い。個人病院も乱立しすぎて生き残りをかけた医院間競争も激化しているのだろうが、緊迫感が全然感じられないのだ。なんか向いている方向が違うんじゃないのかな。

寝る間を惜しみ、身を削り必死に医療に取り組む医師や看護師さんは多い。主治医のS先生は昼飯やトイレの時間も惜しみ診察している。そんな人達への環境作り(人員・設備・報酬・情報・・・)を行政や国はして欲しい。そして少しでも地域間格差も解消しなければならないと思う。

しかしその一方、ベンツ等高級車を乗り回すような金満ドクターはどうしたらいいのか?勤務医と開業医でも同じ職業で労働の密度に違いすぎる気がする。
金もうけ至上主義のようなエコノミックドクターには自分の体を診察して欲しくないと思い始めてきた今日この頃。選挙と同じように患者が医師を判断するしかないだろう。

今日は久しぶりの居酒屋nightとなった。
行こうと思っていた店が今月いっぱい夏休みとのことで、慌てて探し新規訪問してみる。
朝市近くのビルの地下に東屋はある。
メニューを見ると嬉しいかな、魚料理がメインである。日本酒の銘柄も充実しているようだ。
そに中でも目を引いたのが「焼き枝豆」だ。焼きトウモロコシの如く醤油味で焼いてあるのだが、これがなかなかイケる。醤油を焼いた香ばしい匂いが枝豆の味にマッチし止まらなくなる。
CAYJ9YR0.jpg
そしてもう一つ。アワビの塩辛だ。これは日本酒党にはたまらない。身と肝を塩であえたものみたいだが、磯の風味が口中に広がり思わず「熱燗徳利もう一本」となってしまう。
CAMO67EC.jpg

アットホームな雰囲気のこの店は、親方の料理の話も聞ける隠れた名店といえる。

FC2blog テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

昨日は待ちに待たない新車の納車日だった。8月8日末広がりの大安でその日を選んだのだが、若い頃のようなワクワク感はまるでない。やはり昨日お別れした旧愛車の余韻があるからかもしれない。

納車の日位はスカッと晴れて欲しかったがはっきりしない天気だ。

性懲りもなく時代に迎合したナビ&ETCも付けてしまったのだからキュルっといきたっかったのだがセンチメンタルな感情ばかりが湧いてきた。

しかし、そんなことは言ってられない。特注のパールホワイトに塗られた我が車は、これから長期間愛さなければいかん存在なのだ!乗るうちに愛着も湧いてくるだろう。

今日はまっちょこと母も連れ、行きつけ?のトニーモンタナ公認産直、東根「よってけポポラ」&河北町の冷たい肉そば」sn320247.jpg
DAYだ。曇っていても暑い東根だったがいろは本店で「冷たい肉そば大盛り」を食し店を出るころは雨足が強く、帰りに寄った山形密着型スーパー「おーばん東根店」を出る時点では土砂降りとなった。
店で商品を見れば見るほど山形の食文化は独特で、変哲の無い宮城とは大違いだぜ。

帰路の途上、宮城で唯一のトニーモンタナ公認スーパーマーケット、チープさが売りの「つかさ屋」で、これまた公認揚げ物「ハムカツ」を買い無事帰還した。これから、よろしく頼むぜ!

呪われた仙台七夕最終日、まっちょこが気になっていたという「旬菜 くろ川」を覗いてみる。
海の幸が豊富で料金もお手軽。なかなかいい店だ。殻付ウニと刺し盛の中トロで日本酒魂のダイナマイトに火が付いた!この店はサラリーマンが会社帰りにちょっと引っ掛け愚痴を言い合うにはもってこいの雰囲気だ。67345aa33067f91e8952745b10c970a8.jpg
その後南下し大日如来近くの梟へと足を運ぶ。メニューは焼き鳥が殆どだ。調子に乗り頼んだお銚子熱燗が激ぬるだったのはいただけないが久しぶりに食す焼き鳥は格別だった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。