アジアの片隅のちっぽけな街、仙台から発信するトニーモンタナの魂の雄叫び。いつか夜の雨が降り出した淋しき街で、言葉に託した熱くたえなるロックンロールを届けます。横道に逸れる者を嘲笑うじゃなく明日、今日よりも少し前に進めれば・・・。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ちに待った拓郎コンサート。拓郎を見るのは多分最初で最後だろう。
開演前から会場前では中高年の方々で溢れかえっていた。かくいう自分もしっかり中年だが、、、。

グッズに1万円以上をつぎ込み、開演を待つのだが落ち着かないものだ。

ついに客電が落ちスタートだ。
やっと生拓郎の歌声を聞け、それだけで満足だ。
中盤、「真夜中のタクシー」では仙台版に歌詞が変えられ「すみません!坂下から五橋までお願いしまーす!」という台詞でまた感動。
ラストに深々と頭を下げ客席に御礼する姿を見て、こちらこそ頭をさげ御礼しなくてはと思った。
コンサート途中のMCで拓郎がいみじくも語った「人間はいつかは死ぬのだから、我慢するのはよくない。食べたい物を食べればいい。」という言葉が心に染みた。
あっという間の2時間45分だったがコンサートを見れた嬉しさの一方、もう最後かと思う寂しさも大きい。
帰り道はいつの間にか降り出した霧雨がその寂しさを余計膨らませたが、それでも仙台銀座「黄龍飯店」のスーラー麺を食し何とか気を紛らわすことができた夜だった。Z230000074.jpg
スポンサーサイト

宮城県出身の若松孝二監督作品「実録 連合赤軍」を観た。以前WOWOWから録りだめしておいた中の1本だ。じっくり見たいと思っていたのでなかなか見なかった。イデオロギーは別として自分の中でもあの時代が幼心に鮮明に心に焼き付いているので大事にしたかった。仙台駅前や近所の東北大学構内でしばしば行われていたデモは今でもたまに思い出す。

日本赤軍の黒幕と言われた若松監督。彼が撮るとどうなるのかも楽しみだった。

内容はリアルそのもの。永田洋子や森常夫は無機質の中に人間の嫌な部分が上手に描かれていたり、M作戦や山岳キャンプ等忠実に再現されているようで、成程とうならされた。

配役もさらぎ徳二役の佐野史郎、遠山美枝子役の坂井真紀ぐらいしか知らないなと思いきや全員がオーデションで選ばれたらしい。監督の盟友、原田芳雄がナレーションだ。
1213680728_photo.jpg

かつて理想を実現させるため、日本を変える為蜂起した集団は、合法ではなく非合法の道を突き進み引き返せなくなって行く。
理想に燃える集団の中にも派閥が出来てしまい山岳ベースでリンチ殺人に発展してしまう。悲しい結末は当事者達には予期できなかったのか。アジトの中でお互いを罵り自己批判を求め、幹部の嫉妬や自己顕示欲の為に犠牲になるメンバー達。
共産主義実現のはずが、いつのまにかリンチ集団と化してしまう。

オヤっと思ったのは、全体会議?では一応合議制になっていたことであった。
幹部が発議し「総括を求める!」と発言すると多メンバーが「異議なし!」と発し議長が採決する。
イメージとしては議長を始めとする幹部達の独裁と思っていた。

ラストのあさま山荘シーンは放水や催涙ガスの使い方は映画らしくリアルであったが、個人的には山岳キャンプ、重信房子についてもっと深く描いて欲しいと思った。

若松監督はどうしてもこの作品を撮る必然性があったのだろう。この映画を撮ることが自分への「総括」なのだろう。

かつてデモがあたりまえのように起きていた時代。政治への不満に対し若者が国民がデモという形で行動した。
今の方が、政治への不満は大きいはずなのに、世間の目を気にし行動を起こさず半分しか選挙にも参加しない国民。

車をひっくり返したり、火炎瓶は良くない。しかしエネルギーは物凄いものがあったと思う。それが覚めシラケの時代が到来し、それが今まで続いているようだ。
来たる様々な選挙で、しっかり自分の意思を表に託すことが市を県を国を変える一番の方法だということをこの映画が改めて教えてくれた。

ハードディスクひっ迫の為、鑑賞後即消去したが、また再放送するみたいだ。DVDに焼いておこう。
★★★★★

半年ほど拓郎の曲を毎日少しづつ聞いている。寝ても覚めてもという感じではないがマイブームというヤツである。揃えていなかったCDやDVD、レコードも随分買った。今日も買ってしまった。何故なら来週の月曜日で見納めかもしれないからだ。
中学生の時、聞き始めて何十年経つのだろう。35年以上前の曲は消して色褪せてはいなく今聞いても新鮮だ。週末の早朝散歩のBGMにも欠かせない。朝なんだからもっと爽やかな曲もいいだろう。しかし音楽に爽やかさはいらないと気付いた。胸に染みるのが一番だと気付いた。
別に拓郎に自分をダブらさせているわけではない。しかし何故か彼の曲がいつのまにか耳に鳴り響き、心はある時は苫小牧発仙台行きフェリーに乗り込んでいたり、ハワイのKAHALAに行ったり上海の裏町で病んでいたりしてしまう。
人それぞれ音楽とはそういうものなのかナ?エーちゃんが好きだった頃、パンクにハマっていた頃は本人になりきったり、マネしたりもしたが拓郎ではそれができない。つまり曲にのめり込んでいるのだ。
巷間TVで70年代特集をやったり懐かしのニューミュージック特集や企画モノがどんどん発売されている。
今はオッサンが聞く新しい音楽がないんだろうな。出てはすぐ消えるサブリミナルシンガーが多すぎて新しい歌にも付いていけない悲しい世代にはベテランシンガーしかいないのだろう。
しかしそれで十分。
盛り場のフォーク酒場にはそんなオッサン達がたむろって飲みながらワイワイガヤガヤとギターを弾いて合唱してるんだろう。それもいい。カラオケで熱唱するもいいだろう。しかしそんな仲間には入りたくない。
あくまで秘かに拓郎の曲を楽しみとして聞いていたいのだ。日々そんな時間が少しでもあればいい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。