アジアの片隅のちっぽけな街、仙台から発信するトニーモンタナの魂の雄叫び。いつか夜の雨が降り出した淋しき街で、言葉に託した熱くたえなるロックンロールを届けます。横道に逸れる者を嘲笑うじゃなく明日、今日よりも少し前に進めれば・・・。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明るくどんな困難にもめげない少女ミン・グッキは、独立運動に従事する父ヨンジェの親友ジュテを育ての親として、彼の娘シニョンと共に健やかに成長する。一度だけ会った父との約束「国の将来を照らす優秀な企業家になる」という目標を胸に、故郷の海州から京城(ソウル)に向かった彼女を待っていたのは生涯の師となるチャン・テファとの出会いだった。テファのもとで菓子職人としての技術を磨きながらまだ帰らぬ父を待つグッキの前に現れたのは、彼女の父と共に臨時政府で独立のために命をかけて戦った政治家チェ・ミングォン。ミングォンはヨンジェに関わるある事件を追いながら、彼の娘グッキを13年間探し続けていたのだった…。




こんなに素晴らしいドラマがあったとは!

韓流ドラマ未経験だったのに、こんなにハマるとは!BS2で放映されていたドラマ「グッキ」は今の日本の退屈なドラマを蹴散らす展開だった。

「おしん」を彷彿と」させるストーリー、若しくは山口百恵主演ドラマを思い出させるストーリーは日本人の大好きな

苦労人の立身出世物語を踏襲しながら見事な配役陣の演技力で人間愛を前面に出し人生をも考えさせる内容だった。


近頃のドラマはまったく見る気がせず、退屈なお笑いやグルメ番組ばかりで食傷気味だったが、お隣の国のドラマがテレビドラマ回帰させてくれた。

10年に製作されたらしいがそんなの関係ない。いいものはいいのだ。

今週で最終回が放映されたがDVDでもう一度見よう!

最後の「正直さを担保にします」という台詞が官も民も偽りだらけのこの国に冷水をあびせたようだ。

韓国名作ドラマ グッキ DVD-BOX

¥24,570

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外ドラマ - ジャンル:映画

【2008/09/12 00:00】 | ドラマ
トラックバック(0) |

この店の酸辣湯麺は言い方が違い、酢辛しそばという。少し辛いなと思うスープは暑い日にはぴったりだ。

豆腐が入っているので夜来香を思いだした。

今年の酸辣はこれで打ち止めかなぁ。場所が目立たない所にあるので今まで気づかなかった。天山はご飯類もボリュームがあり充実している。食後のジャスミン茶が口の中を爽やかにしてくれた。




FC2blog テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【2008/09/03 00:00】 | ラーメン道
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。