アジアの片隅のちっぽけな街、仙台から発信するトニーモンタナの魂の雄叫び。いつか夜の雨が降り出した淋しき街で、言葉に託した熱くたえなるロックンロールを届けます。横道に逸れる者を嘲笑うじゃなく明日、今日よりも少し前に進めれば・・・。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフ イズ ビューティフル [ポスター]
¥2,163
Amazon.co.jp
前半はコメディタッチのサクセスストーリーだが、後半はシリアスで悲劇的な展開という構成。



第71回アカデミー賞 で7部門にノミネートされ、そのうち主演男優賞 、作曲賞 、外国語映画賞 を受賞した。
あらすじ:第二次世界大戦 前夜の1939年 、ユダヤ系 イタリア人 のグイドは、叔父を頼りに友人とともに北イタリアの田舎町にやってきた。陽気な性格の彼は、小学校の教師ドーラと駆落ち同然で結婚して1児をもうける。しかし戦時色は次第に濃くなり、北イタリアに駐留してきたナチス・ドイツ によって、3人は強制収容所 に送られてしまう。母と引き離され不安がる息子に対し、グイドは嘘をつく。「これはゲームなんだ。泣いたり、ママに会いたがったりしたら減点。いい子にしていれば点数がもらえて、1000点たまったら勝ち。勝ったら、本物の戦車に乗っておうちに帰れるんだ」

もう1日我慢すれば、ドイツの敗戦により釈放されるのに、妻を助けようとし飛び出したところドイツ兵に見つかり射殺されてしまう。

どんなに辛い状況でもいつ殺されるかも分からない状況でも、子供を心配させない為、子供を守るためにとても楽しそうに明るく、これは楽しいゲームなんだとウソをつき、連絡も取れない奥さんにさえも、なんとか心配させないように必死に頑張る主人公。自分だって不安でしょうがないだろうに。

普段はふざけてるような主人公、いざとなると、とてもカッコイイ。これが男らしいと言うべき姿だと思った。

前半と後半の差もすごい。笑いあり涙ありの素晴らしい作品だ。 最後に本当に戦車が現れ乗せてもらうシーン、母との再会シーンも感動的だった。

いやな事、つらい事があると塞ぎこんでしまうなんてアホらしい。そういう時こそ明るくなろうと思った。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

【2008/08/31 00:00】 | 映画
トラックバック(0) |

ホリエモンのblogだ。読んでみるとなかなか面白い。お酒の話題など思わず頷いてしまう。


彼が表舞台から遠ざかってどれくらいたつだろう。好き嫌いはあるだろうが、ITの一社長であるはずの彼が、次は何をするのだろう?と楽しみにしていた時があった。


特に仙台市民には恩人でもある。バッファローズ買収時の新球団参入の事だ。真っ先に名乗りを上げて、その後楽天が後出ししてきた。仙台を本拠地にしてプロ野球に参入するというプランは市民に真っ先に受け入れられ歓迎された。何度も仙台に足を運び触れ合う姿をみて楽天社長より身近に感じたものだった。皮肉なことだが、彼のお陰で楽天球団がありセパ6球団が維持されているのだ。


仮にライブドア球団になったとすると問題続出で恐ろしいが、もしできていたらどんなチームであったろう?と想像してみると楽しいものだ。





FC2blog テーマ:ブログや日記 - ジャンル:ブログ

東根市から高速に乗り月山の手前、西川町へgo!まっちょこが知っているという出羽屋でお昼だ。山菜料理と冠が付いているだけあり山菜が盛沢山!圧巻はキノコ鍋だ。キノコが多すぎ。蕎麦を煮て食べたら満腹になった。秋に来たらもっとキノコの種類が入るだろう。個室で食べれるのもgood!

しかし部屋にTVがあったため、星野ジャパンを見ていたら相変わらず気合いの入ってない試合をしていた。フォアボールで出たならダラダラ歩いていかないで初心に戻り、全力で走り1塁へ行って欲しい。そんな細かなことからやり直さないと、また惨めな目にあうだろうな。宮本とイチローのキャプテンの差もあるかなぁ。


近所の庭園割烹「玉貴」も気になる。


それにしても今日は寒い。夏の気温とは思えない。





FC2blog テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

【2008/08/23 00:00】 |
|


ソフトボール日本チームがやってくれた。小泉さんじゃないけど感動した!上野投手の「まだ投げられる」という言葉どおりチーム全員が凄い根性を見せてくれた。あきらめない気持ちの結晶だ。感動をありがとう。とにかく嬉しいものだ。


それに比べると野球はやっぱりな。

「金しかいらない」という監督が「なんとか銅を」だからなぁ。当初から2番と6番を集めたチームと揶揄されたが不安が現実になった。人選ミスはみんな思っていたはず。これで勝てれば確かに凄いことだが世界はそんなに甘くない。セパ選抜に完敗の46億円不調選手だらけのチームは韓国にかなう訳がない。


【2008/08/22 00:00】 | Blog
トラックバック(0) |

1日で21回318球3試合分を一人で投げ抜いた上野投手、あと1試合だ!金は目の前だ。

心臓病を抱え、サヨナラヒットを打った西山選手、ありがとう。




2~3回投げてすぐ引っ込む星野ジャパンのメンバーにあの気迫、見せてやりたい。


【2008/08/21 00:00】 | Blog
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。